資格取得で独学より講座がお得なわけ

何らかの資格を取るために、勉強方法は2通りありあす。

それは「独学」と「講座」です。
この2つ、どっちが良いのでしょうか。

独学のメリット・デメリット

独学とは一人で勉強すること。
誰かから教わるのではなくて、自分の力で実力を身に付けていくことです。

基本的に、資格を取ろうという勉強は一から始めることが殆どだと思うのですが、
これを一人の力でやっていくのです。

想像すると結構大変ですよね。
もちろん、参考書やらテキスト関係は自分で揃えてあるのですが、
だからって教えてくれる人がいないのは、結構大変なはず。

それは部外者でも想像できます。

道はあるけど地図のない、どの道を進めばいいのか、
この道で大丈夫か、とかそういう心配はあるはず。

迷った時のヒントもないですし、不安はたくさんあるはず。

しかし、費用が全く掛からないということはないけど、
比較的安価で済むのはメリットと言っていいでしょうね。

資格勉強に、諸事情あって殆どお金はかけられません、という人は、
ほぼ独学勉強を選ぶはず。

講座のメリット・デメリット

講座とは、誰か専門知識を持っている人に教えておらって学んでいく方法ですよね。

通学もあれば通信教育も有ります。
実習訓練などがある講義は通信では厳しいかもしれませんが、
そうでなければ、通信で学んでいく人は多いそうです。

通信が人気な理由はいくつかあります。

最大の理由は、受講生には社会人の方も少なくないから、
ということでしょう。

社会人ですと、通学はちょっと厳しいですよね。
また、地域によってはその開講していないところもあります。
都心にお住まいの方はそういった心配はないですが、
地方在住の方は、通学ができない人の方が多数派になるでしょう。

通信ですと、時間的制約にも縛られません。
好きな時に好きなだけ勉強することが可能です。

そういった意味で、通学が可能な方でも、通信教育を選ぶ人は多いみたいです。

そういったこともあり、通信専門の、資格取得スクールが、ここ10年ぐらいで増えてきましたよね。
通信専門のスクールは、通学クラスでかかるコストを削減でき、その分講座の料金に反映させることができます。

よって、通学がある講座とは比べ物にならないほどの低価格を実現しているスクールばかりです。

もしあまり料金を掛けないで、資格取得したい方は、
この通信専門のスクールを探してみると良いですよ。

低価格だけではない通信専門スクール

また、昨今は、この低価格だけに頼らず、
違った「サムシング」を売りにしているところもあります。

例えば「合格率」。
これって、講座には極めて大切な項目なのですが、
あえてこれを打ち出している講座も存在します。

余程自信があるのでしょうね。
もちろん、ウソ言うわけにはいかないので、
企業努力して受講生の合格率を上げてきたのでしょうが。

いずれにせよ、合格率が高い講座は大変なアピールになります。
その資格を考えている方は、強い興味が沸くのではないでしょうか。

詳細はコチラでhttp://xn--8prp7ir4movbgbz8lpz5hcsd05p7hy.xyz/foresight/

低価格の講座でなおかつ合格率が高いだなんて、どんだけアドバンテージなんだよ、
と思います。これでは、独学なんてしている場合ではないですよね(笑)。

法律資格は難しいの?

資格にはいろんなものがあるわけですが、中でも法律資格というものがあります。

法律資格とは法律家登用試験のことになりますが、
この法律資格試験は難しいのでしょうか?

ちょっと考えてみたいと思います。

法律資格はいわゆる「士業」資格になるわけです。
司法試験、司法書士試験、行政書士試験。

これらが法律資格試験ということになります。

司法試験

中でも難関試験といわれているのが司法試験です。
司法試験は裁判官、検察官、弁護士になるための法律試験です。

文系の中でも最難関試験と言われている試験で、
10年以上勉強を続けている受験生も少なくない試験で、
かなりな難易度を誇る試験といえるでしょう。

独学で勉強するのは、ある意味無謀と言わざるを得ず、
5年以内で合格していくのなら、講座を取得していくべきでしょう。

司法書士試験

次に司法書士試験ですが、
同じ法律家でも不動産や会社の登記関係を専門とした法律家士業です。

試験に関して言えば、科目数が多いのが特徴になり、
科目によっては非常に難易度が高いのが特徴です。

トータルでは司法試験よりも難易度が落ちるのは仕方がないですが、
それでも十分難関試験といえ、何年も受験生でいる方もいます。

やはり独学で数年で合格していくのは困難と言え、
司法書士の講座を取得していくのが良いでしょう。

行政書士試験

行政書士試験ですが、こちらは書類関係専門の法律家になります。

免許の申請書類や帰化申請書など、
公的書類作成のスペシャリストになります。

試験は、司法試験や司法書士試験に比べれば難易度は落ちます。

同時に、合格のシステムが独特で6割の点数を取ればいいようになっていて、
その意味では合格しやすい試験になっています。

しかし、だからって簡単な試験とは考えてしまうとえらいことになってしまいます。
年配の方の中には簡単な試験というイメージがある方もいらっしゃいますが、
ここ10年ほどで難易度が比較にならないほど上がりました。

決して簡単な試験ではなく、
むしろ難関試験といった方が正しい味方です。

やはり、法律資格となると難易度が高いと思た方が良いですね。

「資格」と「免許」の違い、知っていますか?

このサイトでは、主に「資格」についてお話していますが、似た概念に
「免許」というものがあります。

調理師免許とか医師免許、運転免許もそうですね。
世の中には免許がないとその職業につけないものがたくさんありますが、
では、免許と資格はどのような違いがあるのでしょうか?

国家資格はありますが、国家免許もあります。
この免許と資格では違いがあるということなんですが、それはどんなものでしょう?
大ざっぱに言ってみると免許も資格も同じようなもののような気がしますが、
権限が違ってくるのですね。

免許とは

国家免許の場合、免許がないのに免許を持っている人が行う行為をしてしまうと、
それは犯罪行為になります。医師免許がない者が手術をすると、それは傷害罪ですからね。

医師免許がない者が手術をすれば、それは違法なわけで、
免許があることによってその違法性は阻却され犯罪要件にはならないのですね。

上の医師のように免許があるからこそできる行為であって、
一般の人が行うことは禁止されているようなことがあるんです。

このように、一般の人が禁止されていることを免許を持っている人なら
行うことができるというのが免許です。
免許を持っていれば行っても犯罪にならないという特別な権限を持っている人が持つものが免許なんですね。

資格とは

では、資格とはどんなものでしょうか?
資格とは、その人が持っているスキルや知識や能力などを判定する基準のことです。

免許の場合のように、資格がなかったとしても、行うと犯罪とかそんなことはなく、
単に能力の話なのです。

漢字検定や簿記検定資格がなくとも、別に漢字についてどうこうしたら
罰せられるなんて聞いたことあります?ないですよね?
英語の資格といったようにありますが、だからそれ以外の
人がどうこうということは関係ありません。

しかし、免許はこうはいきません。
運転免許や弁護士免許、社会保険労務士の免許などが一般的で医師免許もあります。
運転免許を見てみても、免許がない人が運転をすれば犯罪になりますし、上でも言いましたが、
医師でもない人が免許もなしに医療行為を行えば、これも犯罪になります。

免許は持っている人だけが特別に許されている行為なのです。

30代の人気資格とは

資格取得というt、10代後半から20代前半の、
学校が終わって就職しようという時にその職業資格を取得するという
イメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

そのイメージは決して間違いではありませんが、
実のところ、30代の方も資格を取得しようと考えている方が多いんですよね。

30歳代と言えば、仕事もバリバリされている働き盛り世代です。
主婦で子育てされている方も多いことと思います。

ではその30代に人気の資格、どんなものが人気があるか、
男女別に見てみましょう。

30代男性人気資格

まずは男性からみてみましょう。

この世代に人気がある資格、それは行政書士です。

行政書士資格は取得すれば独立して仕事ができるので、
その辺を視野に入れている方が多いということなのでしょう。

ところで、行政書士の仕事って知っていますか?
行政書士は公的な書類作成の請負が多いと思います。

運転免許の更新なんかは行政書士の仕事だし、
帰化申請の書類作成や役所に提出する書類の作成なんかもそうですね。

よく「街の法律家」なんて言ったりしますが、
法律系資格なんです。

サラリーマンが現状の仕事のことやら将来に不安を感じて、
安定した仕事を、と考えている方が多いのではないでしょうか。

行政書士は受験者数も多く以前から人気の資格だったと思います。
詳しくはこのサイト出は割愛しますが、講座も充実していますよね。

他には、宅建取引主任者資格も人気ありますね。
不動産業界や建設業では、基本的に必要な資格になりますよね。

他では、ファイナンシャルプランナーなんんかがこの世代の人気資格になりますね。
この資格は、いわば「お金に関するプロ」ですから、
銀行などの金融機関や保険会社などで働いている人には必ず資格すべきです。
キャリアップにもつながりますから。

30代女性の人気資格

それでは、30代女性の人気資格に行きます。

この世代の女性での一番人気の資格ですが、
ケアマネージャーの資格です。

ケアマネージャーというのは、
介護が必要な人に合った、それぞれの介護プランを作成して、
その連絡、調整等を取りまとめを行う仕事です。

わが国で社会問題になっている昨今の高齢化社会問題ですが、
昨今、とても注目されていて人気のある資格の一つです。

資格自体はそれほど難易度が高いわけではなく、
通信講座でも十分取得可能な資格であり、そのため、
このケアマネージャー資格を人気になっているのでしょう。

次に、ケアマネージャーと同じぐらいに30代の女性に人気がある資格が医療事務です。
先日ご紹介したユーキャンの人気資格では女性No.1人気資格でしたね。
あれは、世代別ではなく、総合でしたけど。

医療事務の仕事は病院でレセプトをしたり受付をしたり、
カルテ等を管理するというのが仕事です。

医療事務も含めて、医療系というのは、
結婚しても出産をしても比較的仕事復帰しやすいのですね。

また、全国の医療機関で働くことができます。

つまり、仕事にあぶれることが、ほかの仕事に比べて、低いという利点もあります。
結婚して出産ということが待構えている女性にとって、これは大きな利点ではないでしょうか。

面白いですね。
同じ30代でも男女によって、こんなに人気資格が違うなんて(笑)。

ちなみに、先出のユーキャン、行政書士、宅建、FP、ケアマネ、医療事務などの講座が充実しています。

資格取得を考えている方はユーキャンを検討しても良いかもしれません。

人気講座ランキングから想うこと

どんな仕事に就きたいか、自分はどうなっていきたいか。
10代の方などは、まだ考えが固まっていないのかなと察します。

いずれにしても、どんな資格があるのか、自分に合った資格はあるのか、
資格一覧をネット上で調べてみてみるという方法もありますし、
資格ランキングを参考にしてみるという方法もあります。

資格と言えば、現在、「ユーキャン」の資格講座が人気だそうですが、
「ユーキャン」で現在、受講数が多い資格というのは何だと思います?

ちょっと調べてみました。
こちらは、人気の講座ですが、人気資格ととらえても差し支えないと思います。
転載させていただきます。

ユーキャン人気講座ランキング

  1. 医療事務
  2. 調剤薬局事務
  3. 実用ボールペン字
  4. フィナンシャルプランナー
  5. 食生活アドバイザー
  6. 宅地建物取引士
  7. 保育士
  8. 登録販売者
  9. 行政書士
  10. マイクロソフトオフィススペシャリスト

ご覧のような結果だそうです。
1位は何となく予想はできたといいますか、
上位は医療系で占められるとは思っていました。

その他、保育士資格や宅建士、行政書士資格などが人気だそうです。
マイクロソフトなどのパソコン資格なども人気で、やはり一部を除いては、
スムーズに転職に活かせる資格が人気なようで、そう考える人は多いのではないでしょうか。

資格を取得する場合には試験を受けなければいけませんが、
試験には受験資格が必要な場合もありますので注意が必要です。

国家資格受験には、学歴や年齢制限が掛けられている場合が多く、
また、その職業に従事した経験、その期間などが要件になっている場合があります。

もちろん、それぞれの資格によっても違っていますからしっかり確認しておくべきです。
いざ願書提出になって自分には受験資格がないなんて、目も当てられませんからね。

総合資格が女性には人気のようですが保育士や栄養士、福祉関係や医療関係といった資格も根強い人気があります。特に高齢化社会の日本では介護福祉の資格などもこれからどんどんニーズが高まるのは目に見えていますから人気です。

仮に介護資格の場合にはその仕事に就かなかったとしても、
自分の家族の介護にも活かすことができるというメリットもあります。

少し堅めの資格としては公務員資格、社会福祉主事任用資格、税理士資格といった資格や、
法律系資格である行政書士などの資格が人気です。

行政書士は、人気資格と呼ぶにはかなり難しい試験が待っているとは思うのですが、それでも人気なのですね。

勉強になります(笑)。

仕事と資格取得

今現在、現実的に資格を今取得したいと考えている人は結構多いそうです。

理由として、今の日本社会では何の資格なしでは仕事に就くことが簡単ではなかったり、
資格を持っている方が何かと有利であるからだとも言われています。

さらに、昨今の長引く不況の影響を受けて転職を考えている人も多いわけで、
転職をする際には就職にも有利な資格をということを考えているからでしょう。

資格を選ぶ際、必ずしも自分がやりたい仕事に必要な資格を取得するというわけではありません。

例えば、やりたいと思っていてもその資格取得の難易度が高ければ
諦めざるを得ないことも思います。

資格取得を目指すためにはそれなりに勉強も必要になってきますから、
仕事を持っているなど資格取得勉強にすべてを捧げられることができない人も多いのですから。。

国家資格、あるいは民間資格でも合格をするというのはなかなか難しいのもありますから。
仕事も持っている社会人では本当になおさらですよね。

そういったある意味不利と思える状況においても、
工夫したりすることが大切です。

なんにしても独学で頑張るのと通信教育を受けたり、学校へ通ったり教育を受ければ、
費用はかかりますが、資格取得への時間短縮にはなるでしょう。

独学で資格取得か資格学校で勉強するか

資格をこれから取得しようと考えている人はどうやって勉強をしていこうと考えているのでしょうか?
つまり、独学か誰かに習うかという選択です。

誰かに習うというのは、資格取得学校を利用するということですが、
これもふた通りの勉強法があります。

ひとつは学校に通って講座を選択して受講する通学タイプ、
ひとつは自宅で教材を取り寄せて勉強する通信講座。在宅タイプとか通信タイプとか言います。

独学で勉強してくという方法は、コスト的には確かに安く上がるようにみえます。
しかし、そこはそうもいかなkのです。

安く上がるといっても、参考書や問題集はドをひと通り揃えれば数万円程度はかかります。
そして、資格学校を利用するよりも、どうしても合格までにの期間はかかります。

例えば、合格には資格学校を利用して1年間の勉強を要するとすれば、
独学では2年3年と少なくとも倍のの期間はかかると見なければなりません。

もちろん、独学だって合格までの期間がかかれば、それなりに出費はしていきます。
それ以上に、大人になって2年3年と余計に資格取得にかかるのはどうなんでしょうか?

10万円ケチって1年間余計に勉強するのか、
20万円の講座で1年で合格していくと考えれば、
独学で20万円ケチって3年かかるのか?

これは人それぞれ価値観が違いますから、僕が決めつけることはできませんが、
僕だったら、講座を選択して合格までの期間を縮めたいと考えますね。

安くないお金をかけて講座を取って試験に合格できなかったらどうするのか?
なんて意見も聞かれますが、合格するつもりで勉強するのであって、
だったら、独学だったら合格しなくても大丈夫ということなんでしょうか?

独学だろうが資格学校だろうが、合格するためにわざわざ時間をかけて勉強するのですから、
仮に途中で断念するのは残念ですけど、それはそれです。

お金で時間を買うという感覚ですよね。

また、独学で資格取得目指すには難易度が高すぎるという資格試験もあります。
それこそ、資格学校で勉強しても3年~5年は覚悟しなければならないという資格試験もあります。

人に習ってこれですから、独学なんて何年かかるのか知ったものではありません。

こういうことを考えると、
資格にもよるのだと思いますが、お金をケチっての独学ならば、
多少は無理しても費用を用意して資格学校で勉強した方が、後々よろしいと思います。

さて、その資格学校ですが、資格学校と一言で言っても、
専門学校で勉強して資格取得のための試験に備えるという方法もあれば、
資格学校の通学コースや通信講座のコースなどのタイプがあります。

これは、どんな資格を取得したいのか、自分は学生なのか主婦なのか社会人なのかによっても
どうすればいいかは変わってくるでしょう。

あくまで基本中の基本の選択になりますが、まずは自分自身がどうしたいか?
などを考えて賢い選択をしたいですね。