資格取得で独学より講座がお得なわけ

何らかの資格を取るために、勉強方法は2通りありあす。

それは「独学」と「講座」です。
この2つ、どっちが良いのでしょうか。

独学のメリット・デメリット

独学とは一人で勉強すること。
誰かから教わるのではなくて、自分の力で実力を身に付けていくことです。

基本的に、資格を取ろうという勉強は一から始めることが殆どだと思うのですが、
これを一人の力でやっていくのです。

想像すると結構大変ですよね。
もちろん、参考書やらテキスト関係は自分で揃えてあるのですが、
だからって教えてくれる人がいないのは、結構大変なはず。

それは部外者でも想像できます。

道はあるけど地図のない、どの道を進めばいいのか、
この道で大丈夫か、とかそういう心配はあるはず。

迷った時のヒントもないですし、不安はたくさんあるはず。

しかし、費用が全く掛からないということはないけど、
比較的安価で済むのはメリットと言っていいでしょうね。

資格勉強に、諸事情あって殆どお金はかけられません、という人は、
ほぼ独学勉強を選ぶはず。

講座のメリット・デメリット

講座とは、誰か専門知識を持っている人に教えておらって学んでいく方法ですよね。

通学もあれば通信教育も有ります。
実習訓練などがある講義は通信では厳しいかもしれませんが、
そうでなければ、通信で学んでいく人は多いそうです。

通信が人気な理由はいくつかあります。

最大の理由は、受講生には社会人の方も少なくないから、
ということでしょう。

社会人ですと、通学はちょっと厳しいですよね。
また、地域によってはその開講していないところもあります。
都心にお住まいの方はそういった心配はないですが、
地方在住の方は、通学ができない人の方が多数派になるでしょう。

通信ですと、時間的制約にも縛られません。
好きな時に好きなだけ勉強することが可能です。

そういった意味で、通学が可能な方でも、通信教育を選ぶ人は多いみたいです。

そういったこともあり、通信専門の、資格取得スクールが、ここ10年ぐらいで増えてきましたよね。
通信専門のスクールは、通学クラスでかかるコストを削減でき、その分講座の料金に反映させることができます。

よって、通学がある講座とは比べ物にならないほどの低価格を実現しているスクールばかりです。

もしあまり料金を掛けないで、資格取得したい方は、
この通信専門のスクールを探してみると良いですよ。

低価格だけではない通信専門スクール

また、昨今は、この低価格だけに頼らず、
違った「サムシング」を売りにしているところもあります。

例えば「合格率」。
これって、講座には極めて大切な項目なのですが、
あえてこれを打ち出している講座も存在します。

余程自信があるのでしょうね。
もちろん、ウソ言うわけにはいかないので、
企業努力して受講生の合格率を上げてきたのでしょうが。

いずれにせよ、合格率が高い講座は大変なアピールになります。
その資格を考えている方は、強い興味が沸くのではないでしょうか。

詳細はコチラでhttp://xn--8prp7ir4movbgbz8lpz5hcsd05p7hy.xyz/foresight/

低価格の講座でなおかつ合格率が高いだなんて、どんだけアドバンテージなんだよ、
と思います。これでは、独学なんてしている場合ではないですよね(笑)。

法律資格は難しいの?

資格にはいろんなものがあるわけですが、中でも法律資格というものがあります。

法律資格とは法律家登用試験のことになりますが、
この法律資格試験は難しいのでしょうか?

ちょっと考えてみたいと思います。

法律資格はいわゆる「士業」資格になるわけです。
司法試験、司法書士試験、行政書士試験。

これらが法律資格試験ということになります。

司法試験

中でも難関試験といわれているのが司法試験です。
司法試験は裁判官、検察官、弁護士になるための法律試験です。

文系の中でも最難関試験と言われている試験で、
10年以上勉強を続けている受験生も少なくない試験で、
かなりな難易度を誇る試験といえるでしょう。

独学で勉強するのは、ある意味無謀と言わざるを得ず、
5年以内で合格していくのなら、講座を取得していくべきでしょう。

司法書士試験

次に司法書士試験ですが、
同じ法律家でも不動産や会社の登記関係を専門とした法律家士業です。

試験に関して言えば、科目数が多いのが特徴になり、
科目によっては非常に難易度が高いのが特徴です。

トータルでは司法試験よりも難易度が落ちるのは仕方がないですが、
それでも十分難関試験といえ、何年も受験生でいる方もいます。

やはり独学で数年で合格していくのは困難と言え、
司法書士の講座を取得していくのが良いでしょう。

行政書士試験

行政書士試験ですが、こちらは書類関係専門の法律家になります。

免許の申請書類や帰化申請書など、
公的書類作成のスペシャリストになります。

試験は、司法試験や司法書士試験に比べれば難易度は落ちます。

同時に、合格のシステムが独特で6割の点数を取ればいいようになっていて、
その意味では合格しやすい試験になっています。

しかし、だからって簡単な試験とは考えてしまうとえらいことになってしまいます。
年配の方の中には簡単な試験というイメージがある方もいらっしゃいますが、
ここ10年ほどで難易度が比較にならないほど上がりました。

決して簡単な試験ではなく、
むしろ難関試験といった方が正しい味方です。

やはり、法律資格となると難易度が高いと思た方が良いですね。