資格取得とその試験の話。

ブームというのもおかしいですが、昨今、資格取得を目指している方は結構多いという印象があります。
実際、多いようですね。

なぜなんでしょう?

それは、今の景気状況によるところも大いにあるといわれています。
長い間、日本はデフレに悩まされてきました。

そうなれば、給料は減り収入が減ります。
非正規雇用従業員も多くなっています。

資格は必要なのか?

こうした社会不安定の中、した職になかなか付けなかったり、
収入が低くなっていたりしていますよね。、

そうなればより収入の高い職業に就きたい、キャリアアップしたい。
安定した職に就きたい・・・

そのための資格取得と考える向きが強いようです。

資格取得には、もちろん、勉強が必要ですよね。
その勉強法は、それぞれ色々とあると思いますが、
やはり資格取得のための勉強法にはそれなりのノウハウや技術があるのだと思います。

そのノウハウや技術というのは、試験範囲をコツコツ勉強していくだけではなくて、
「本番で通用する知恵を身につける」ということだと思うのです。

知識だけ身につけたところで、それが資格取得試験にうまく応用できなければ意味がありません。
知識を知恵に昇華させる必要があるのです。

本試験から逆算

資格取得のために試験を受験しようと考えているのならば、
しっかりゴールからの逆算でスケジュールを立てることが大事なのかなと思います。

ただ、人間はサボりたい生き物です。
スケジュールはスケジュール通りにいかないのが常です。
それでも、スケジュールを立てることは大事なのです。

「絵に描いた餅」にならないよう、
時間に余裕あるスケジュールを立てると良いと思います。
余裕というのは、進行状況によって改善もあり得るように柔軟に考えることも大事になります。

核心は、本番というゴールからの逆算です。
しかも、余裕を持った逆算と考えるようにしましょう。

過去問勉強は非常に大事

先ほど言った本番に対応する力を身につけるに大いに関連性がありますが、
過去問をチェックしておくことは必須です。

資格取得勉強の大事なポイント

過去問を勉強することは、本試験のレベルを身をもって知っておくというメリットがあります。
過去問がしっかり解ければ、本試験レベルの実力は備わったといえます。

もうひとつ、本試験の重要箇所もわかってきます。

過去問勉強は資格試験対策の最重要事項だと思います。